窓口一本で対応

私たち消費者は、「家電リサイクル法」(正式名称は特定家庭用機器再商品化法)により、買い替えや引越しなどで不要になった家電製品が家電リサイクル法の対象になったときは適切な方法で処分しなければならない。とされています。


家電リサイクル法の対象製品を処分する際、ほとんどの場合で消費者が自力で持ち込みをしなければならい現状です。そして、リサイクル券を郵便局等の指定金融機関で支払いをしなければならず、貴重なお時間とコストがかかってしまう事情があります。
また、持ち込んだ販売店等から、さらに収集運搬業者に運搬を委託するので中間コストも発生してしまいます。

アームズにおまかせ

家電リサイクルの回収料金

家電リサイクルの回収にかかる料金は、リサイクル料金と収集・運搬料金です。

対象となる家電製品は、下記になります。

  • ・家庭用のエアコン
  • ・テレビ(ブラウン管式、液晶・プラズマ式)
  • ・冷蔵庫・冷凍庫
  • ・洗濯機・衣類乾燥機

※家電リサイクルの料金は一定ではありません。品目とメーカー名(製造業者等名)でリサイクル料金が異なります。
※正しいメーカー名(製造業者等名)で手続きをして下さい。

リサイクル料金

リサイクル料金の算出には、製品の「メーカー名」「サイズ」もしくは「容量」が必要です。お見積り・お問い合わせの際には、お手数ですがこれらの情報をご用意のうえお問い合わせ下さいますようお願いいたします。

品目 品目・料金区分コード リサイクル料
テレビ
(ブラウン管式)
料金区分なし 20 ●¥2835~
小/画面サイズ15V以下 21 ¥1785
大/画面サイズ16V以上 22 ¥2835
テレビ
(液晶・プラズマ式など)
料金区分なし 50 ●¥2835~
小/画面サイズ15V以下 51 ¥1785
大/画面サイズ16V以上 52 ¥2835
冷蔵庫 料金区分なし 30 ●¥4830~
全定格内容積170L以下 31 ●¥3780~
全定格内容積170L以上 32 ●¥4830~
洗濯機・洗濯乾燥機 料金区分なし 40 ●¥2520~
エアコン 料金区分なし 10 ●¥2625~

※品目・料金区分コードは法令で定められた区分です。詳しくはお問い合わせ下さい。
●=お見積もりが必要となります。製品の「メーカー」と「容量」などをご確認の上、算出いたします。
※リサイクル料金とは別に、金融機関への振込手数料と収集・運搬料がかかります。

収集運搬・料金
あわせてお得
対応エリアA
【東京】
杉並区・練馬区

対応エリアB
【東京】
東京23区(杉並区、練馬区を除く)
【埼玉】
朝霞市、新座市、和光市、戸田市、蕨市、さいたま市浦和区、さいたま市南区


対応エリア一覧上記以外のご地域はスタイルプランでご案内します。
※物量とご地域により変動いたします。詳しくはお問い合わせください。

家電リサイクル法とは?

一般家庭や事務所から排出された家電製品(エアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、 冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)から、有用な部分や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律です。

1. 法施行前、一般家庭から排出される家電製品は、現在、約8割は小売業者によって、約2割は直接市町村によって回収。その後は、おおよそその半分は直接埋め立てされるほか、残りは、破砕処理されるが、一部金属分の回収が行われている場合があるものの、そのほとんどは廃棄されているのが現状。
(注:この破砕処理された廃棄物(シュレッダーダスト)については、埋め立て地が非常に逼迫)

2. このため、廃棄物の減量と有用な部品・素材の再商品化等を図り、循環型経済社会を実現していくため、家電製品等の製造業者等及び小売業者に新たに義務を課すことを基本とする新しい再商品化の仕組みを構築することが緊急の課題。
これによって、省資源・省エネの推進に寄与するとともに、技術開発等を通じ、環境関連産業の発展にも貢献。

家電リサイクル法の目的

家電リサイクルの対象商品は、従来の市町村等の設備では適正なリサイクルが困難で、また有用な資源が多く含まれているものが選ばれています。

家電リサイクル法は、以下のとおりの目的で制定されました。

  • ・廃棄物の減量・・・廃棄された後に最終的に埋め立て等されるものを削減するとともに、排出されるものの発生を抑制(長期使用)することの双方
  • ・再生資源の利用・・・リサイクルすることで再び原料として利用等
  • ・廃棄物の適正処理・・・生活環境保全のために適正に処理(フロンなど)等

一般的な家電リサイクルの流れ

通常、家電リサイクルの対象商品を手放すには以下のような手順を踏まなくてはなりません。

  • 1.消費者が家電小売店に引渡し、リサイクル費用とメーカー引取所までの運搬費用を支払います。この時、小売店に収集依頼をすると収集費用が発生します。
  • 2.家電小売店からメーカー引取所まで運搬します。
  • 3.メーカーの製造工場に送られ、実際に家電リサイクル商品の処理が行われます。

ここで出てくる収集費用と運搬費用をまとめたのが、アームズの収集運搬料金です。中間コストを省き、低価格で家電リサイクル商品を収集いたします。運び出す際に取り外しづらい配線・配管も経験豊富なスタッフがスピーディーに対応致します。家電リサイクル回収による時間や運び出しのリスクを軽減するには、回収の専門家アームズが最適です。

トラブル注意